スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ガチゆる

JUGEMテーマ:ジョギング

今日は「ガチゆる走」やってきました!

 

「ガチゆる走」というのは私はNHKの「ランスマ」という番組で知ったんですが、まず最初に1kmハイペース、3分休んでまた1kmハイペース、その後10km以上ゆっくりとしたジョグペースで走るというもの。

最初のハイペースで筋肉と心肺に刺激を入れて、その後のゆっくりとしたランニングで脂肪を燃やしやすくする、というものだそうです。サブフォー以上を狙う人は、最後の1kmか2km、レースペースで走るとさらに効果的とのこと。

 

よく言われることですが、人間の体はまず糖をエネルギー源として使用します。糖は蓄積されにくく、脂肪は直積されやすい。さらに脂肪はなかなか燃えにくく、エネルギーになりにくい。このため、フルマラソンのような長丁場では、糖を使い果たしたのに脂肪をうまく燃やせない状態が起こりがちで、そのことがエネルギー不足を招くのだとか。

カーボローディングが、レース時になるべく糖を蓄積させた状態にしようというアプローチであるのに対し、ガチゆる走はなるべく脂肪を燃えやすい体を作るというアプローチですね。

 

通常「会話できるくらいのスピード」で長く走ることが一番脂肪が燃えやすい状態だと言われますが、その前にハイペースのランを入れて体に刺激を入れることで、さらに早くから脂肪が燃える状態を作り出すことができるのだそうです

ちなみに最初の「ハイペース」とはレースペースよりキロあたり1分早いくらい、逆にジョグペースはレースペースよりキロ1分遅いくらいが目安だそうです。

 

今日はトータルで20km走りました。昨日の坂道ダッシュが聞いているのか、最初の1km+1kmのダッシュがとてもきつかった・・・。そのあとは河川敷を中心にゆっくり走って、最後の1kmをレースペースまで上げで終了。

ジョグペースの時は風も気持ちよくてほとんどいい感じで走れたのですが、やはり昨日追い込んだせいか17kmくらいからかなり足が重くなってきました。

 

でもやっぱり長い距離走ると、走った後爽快感がありますよね。

 

今日はちょっと遅くなってしまったので、今日の1本と1曲は無しにします。

低糖質の話の続きはまた明日書きますね。

 

スポンサーサイト

コメント