スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

低糖質とマラソン

JUGEMテーマ:ジョギング

さて、今日は先日の続きというか、低糖質の食生活のことを書きたいと思います。

 

先日書いたように、私は「できるだけ」朝だけ主食をとり、昼と夜は主食を食べない、という生活をしています。

平時には、朝に玄米+納豆(時々卵としらす)、昼は外食でライス抜き、夜はコンビニのサラダやお惣菜を食べる生活。

 

でもね、困るのが休日のお昼だったりするんですよ。

うちには高校生と中学生の男子がいて、そうするとやはり休日の昼は手早くお腹いっぱいになるものになりがちですよね。

例えばスパゲッティ、ラーメン、焼きそば、惣菜パン、ピザなどなど。どれも糖質たっっぷりじゃないですか。

これに付き合ってると全然ダメなわけで、なんとか自分一人だけサクッと作れて満足できる低糖質メシがないかなと思ってたんですよね。で、最近解決策として取り入れたのが、鍋。まぁ鍋といっても、冷蔵庫にあるキャベツとか玉ねぎとかの野菜に、鶏の胸肉を入れて、あれば豆腐や卵も入れて、だしや調味料で味付けしただけのシンプルなものです。

 

鶏の胸肉はたまにスーパーで二切れくらい買って、細切れにして冷凍して使っています。

パサパサにならないように、冷凍する前に酒を振りかけて少し置いておくといいみたいです。

冷凍するときは水分をペーパータオルとかでちゃんときって、パッドか何かに並べて冷凍したほうがいいです。

いきなり袋とかに入れて冷凍すると、くっついてどうにもならないw

 

1人前作るのなんてすごく簡単だし、すぐできるし、お昼にはちょうどいいですよ。お腹もいっぱいになるし。

 

以前、どこかで糖質をあまり取らない生活をしていると、脂肪をエネルギーに変えやすい体質になるというのを読んだことがあります。まさに昨日のガチゆる走と同じ効果ですね。ほんとかどうかはわかりませんが・・・。

ただ、あまりストイックにやると頭がぼーっとしてきたりして仕事や日常生活に支障をきたすので、できる範囲で、というのがオススメです。

 

というわけで今日の1本:

「根気」を生み出す脳内メカニズムを解明

これは面白い。セラトニンというのは日光を浴びるといっぱい分泌されるやつですね。

昼夜逆転生活の人って本当に大変だなぁ。。

 

今日の1曲はこれ:

Yukihiro Takahashi 高橋幸宏 - Drip Dry Eyes

元々はSandiiに書いた曲らしいですけど、幸宏さんが歌ってるバージョンも味があっていいですね〜

懐かしい!

スポンサーサイト

コメント